カタログギフトをもらう時はカタログの期限に気をつけて!

カタログギフトをもらう時はカタログの期限に気をつけて!

最近では、カタログギフトが世の中に浸透して、もらう機会も多くなってきました。
しかし、カタログギフトには有効期限というものがほとんどの場合、存在します。
有効期限が切れてしまうと、どうなるのか。
今回はカタログギフトをもらった側が一番気をつけるべきポイントともいえるカタログギフトの有効期限について、見ていきたいと思います。

 

カタログギフトの有効期限に注意!

ポイント

カタログギフトを受け取り、どの商品が良いのか迷ってしまうことが多々あるかと思われます。

 

カタログギフトは、一冊の本から自分が欲しい商品や好きな商品を選んで、ハガキに必要事項を明記してポストに投函すれば、数週間で品物が届く大変便利なシステムです。
そこで、受け取られたカタログギフトを使用される際には、気をつけて欲しい事項があります。

 

それは、「カタログギフトの有効期限を守る事」です。
カタログギフトには、そのほとんどのものに、必ず有効期限があります。
大抵の業者は、半年から1年間が有効期限の品物が多いです。

 

この有効期限内に、希望する商品名をハガキに明記し、住所などの必要事項を忘れずに記入してポストに投函する事。
それも、出来るだけ早いうちが賢明であるといえるでしょう。
何故なら、カタログギフトを受け取ったまま商品を選ばずにそのまま放置してしまうと、有効期限があるという事を忘れてしまうからなのです。

 

贈る側の方が、気持ちを籠めてカタログを選んで送付したカタログギフトを大事に使う為にも、有効期限はしっかりと守り、ギフトの交換は早めに済ませる事が大切です。

 

カタログギフトの期限が過ぎてしまったらどうなるの?

カタログギフトを選ぶ女性

カタログギフトの有効期限が過ぎてしまうと、ギフトの交換が出来なくなります。
つまり、ギフトの有効期限が過ぎてしまうと、希望の商品に交換するという権利が失ってしまいます。
これは、平成22年4月1日に施行された前払い式証票に基づき「資金決済法」という法律が施行され、この前払い式証票に登録している業者やメーカーから有効期限が過ぎた事を理由に交換を断られてしまうといったケースです。

 

カタログギフトが贈られて嬉しい気持ちと一緒に商品を出来るだけ早く選び、有効期限はしっかりと守っていく事がカタログギフトを有意義に活用する為にも大切な事なのです。

 

有効期限後でも対応してくれるカタログ業者もある

カタログ業者によっては有効期日が迫ると、ハガキで連絡を行う業者もあります。
そして、有効期限を過ぎてしまった場合でも別の商品などを交換してくれるといった場合もみられますので、もし有効期限が切れてしまった場合には、直接カタログ業者に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

まとめ

カタログギフトをもらった際に気をつけるべき、有効期限についてお話ししました。
贈り主がもらう相手側のことを考えて選んでくれたカタログです。
相手の気持ちをいただくという意味でも、カタログが無駄にならないように、なるべく早いうちに商品を選ぶようにしましょう。