カタログギフトとともに贈られて嬉しい、おすすめのメッセージとは?

ギフトとともに贈られて嬉しい、おすすめのメッセージとは?

メッセージカード

結婚や出産祝い、新築祝いや快気祝い、入学祝や就職祝いなどのお返しを贈る際には、お礼状にメッセージを書く事が一般的とされています。
また、簡単なメッセージを添えるだけでより丁寧な印象を与える事が出来ます。

 

今回は、お返しを贈る際に一緒に贈られると嬉しい、メッセージの書き方について、お話ししたいと思います。

 

贈られて嬉しくなるメッセージのポイント

相手側にとって贈られて嬉しくなるメッセージのポイントとして、心がけたいのは、主に以下の3つです。

 

気持ちを伝える

感謝の気持ち

お祝いのお返しに限ったことではありませんが、一番重要なのは、相手に気持ちが伝わるようなメッセージを書くことです。
テンプレートな文章ですと、どうしても冷たい印象になりがちです。

 

結婚や出産のお祝いを受け取った際、結婚祝いの場合は、お祝いを頂いた方への感謝の気持ちを伝えること。
出産祝いの場合は、生まれた赤ちゃんの名前や由来など、母子共に元気であるといった近況や相手の健康を気遣い、これからの活躍を願うような言葉を伝えましょう。

 

マナーや文体に気をつける

便箋とペン

仕事関係者や目上の上司などへのお礼状を書く際にはマナーを守ってお礼状を書く事が大切です。
お礼状を書く際には白い便箋を使い、ブラックのインクで縦書きに書くのが良いでしょう。
封筒は白無地で、糊を使って封するのが望ましいでしょう。
実際の書き方としては、仕事関係者の方や目上の方には、時候の挨拶を先に述べ、これからも意欲的に仕事に取り組みたいという熱意を述べるとより良い印象を与えます。

 

知人や親戚へのへのお礼状を書く際には、あまり畏まりすぎず少し丁寧な文体が良いでしょう。
兄弟や親しい友人へのお礼状は少し柔らかめの文体でも自然に気持ちが伝わるような文章になります。

 

気をつけたいこと

ポイント

相手が贈られて嬉しくなるメッセージのポイントとして、気をつけて頂きたい点があります。

  • 結婚や出産祝いなどの内祝いに「お返し」という表現を使わないこと

    お返しという表現の代わりに「これは、ほんの気持ちですが。」という言葉を付け加えるようにすると良いでしょう。

  • 子供がいない家庭に対して子供が生まれてきた喜びをあまり率直に表現し過ぎない

    相手の家庭事情をよく知っている場合であっても、あなたにはわからない事情もあるかもしれませんので、あまり喜びすぎない方が賢明です。
    様々な事情により子供が授からない家庭もありますので、こうした事も配慮に入れておくべきであると思われます。

 

まとめ

内祝いやお返しを送る際に、もらって嬉しくなるメッセージの書き方のポイントについて、お伝えしました。
何を書いたらいいかわからないという場合でも、一生懸命、相手のことを思って、時間を掛けて書いてくれたメッセージというのは、それだけで嬉しいものです。
書き方のポイントを抑え、マナーと配慮ある文体を心がけながら、相手が嬉しくなるメッセージを贈りましょう。