<すっかり定番!>カタログギフトの最近の利用傾向

<すっかり定番!>カタログギフトの最近の利用傾向

結婚式の引き出物はカタログギフトが人気

一昔前までは、結婚式の引き出物には、大きく派手に見えるものが選ばれていましたが、現在は違います。かさばらないカタログギフトが主流になってきました。

 

結婚式の引き出物に選ばれるワケとは

引き出物にカタログギフトを選ぶメリットは、贈る側にも贈られる側にもあります。例えば、贈る側にとっては、人によって引き出物の内容を変えても目立たず、贈り分けをするのに、商品を自分たちでいちいち選択しなくてよいという点が重宝されているかと思われます。年配の方や親族などと若い友人や同僚たちが包むご祝儀の額に大きな差があることはあらかじめ予想できることですから、最近では多くのカップルが引き出物の内容を相手によって分けています。しかし、品物や品数を人によって細かく変えてしまうと、一見しただけで内容が違うことがわかってしまうため、そのようなことは避けたいと考える方が多く、外見にあまり差が出ないカタログが選ばれているようです。

 

一方、もらう側にとっては、帰宅する際の荷物の少なさが一番のメリットになります。カタログ自体が自宅に郵送される場合もありますから、かさばる引き出物をもらうよりもかなり楽だということは間違いありません。

 

また、使うか使わないかわからないような品物を一律にもらうより、自分で欲しいものを選んでもらった方が実用的でよいと感じているゲストも少なくないようです。

 

香典返しにもカタログギフト

最近はカタログのラインナップも豊富で、低価格帯のカタログも増えています。そのため、お通夜や告別式の際に渡す会葬の返礼にもカタログギフトを利用する方が増えています。会社関係の方など、数名分の香典を預かって参列する場合も多く、かさばる品物だと持ち帰りにかなり苦労します。

 

また、消費期限のあるお菓子などを渡された場合には、お金を預かった相手にすぐに渡せないときなど、困ることも多いようでした。しかし、カタログであれば、渡すタイミングが少し遅れても問題ないため、歓迎されているようです。

 

ジャンル別に特化したカタログが増える傾向

これまでのギフトカタログは、あらゆるジャンルの品物を1冊の中に幅広く盛り込んだ造りになっているのが普通でした。しかし、最近の傾向としては、グルメならグルメだけ、体験なら体験だけといった、1つのジャンルに特化したカタログが増えています

 

他にもこんなカタログギフトが登場

また、用途や性別、年齢層に合わせたカタログも多く見られるようになりました。全体的に、単にカタログとしてだけでなく、読み物としても楽しめるようなギフトカタログが増えてきています。中には、雑誌や絵本のようなレイアウトになっているカタログもあり、お祝いや内祝いに贈る品物として人気を集めています。