<ポイントは3つ!>カタログギフトを選ぶコツ

<ポイントは3つ!>カタログギフトを選ぶコツ

カタログギフトは相手に欲しいものを選んでもらうということで非常に便利ではあるのですが、実際にどのカタログを贈ろうか悩んでしまうものです。もちろん、予算や質なども重要なポイントですが、その他でカタログギフトを選ぶコツのようなものはないにのでしょうか?

 

ここでは、そんな人に向けた選び方のコツをアドバイスしたいと思います。

 

贈る相手のライフスタイルを考える

ギフトカタログには、様々な種類のものがあります。カタログを作成している業者によっても内容が違いますし、カタログのシリーズによっても、ページ数や掲載商品数、取り扱っているブランドなどが異なります。ですから、価格以外の点にも気を配って、贈る相手に最適なカタログを選ぶようにしなければなりません。

欲しくないものを贈るのは返って失礼に・・・

贈る側にとって、カタログギフトは、相手の趣味や趣向に合わない品物を贈ってしまう心配が無いので魅力ですが、その分下手なカタログ選びをしてしまうと、相手にとって欲しいものが全く載っていないカタログを贈ってしまうことにもなりかねません。そうなると、一生懸命相手のことを思いながら選んだ品物が残念ながら趣向に合わなかった場合よりも、もっと失礼なことをしているのと同じになってしまいます。

カタログギフトの選ぶコツ@

例えば、出張などで留守がちな一人暮らしの方に、生ものや冷凍ものが中心のグルメカタログを贈ると、喜ばれないわけではありませんが、受け取るときに苦労することは明らかです。

 

家族構成や年齢によっても必要になるものが違ってきますので、その辺を考慮に入れてカタログを選ぶようにしましょう。

 

贈る相手の好みを考える

選ぶ楽しさを感じてもらえるように

贈る相手の好みがわかっている場合には、できるだけその好みに合った物がたくさん載っているカタログを選んで贈るようにしましょう。分厚いカタログの中に好みの物が1つだけというのでは、せっかくのカタログギフトなのに選ぶ楽しさをプレゼントできていません。

 

カタログギフトを選ぶときは、贈る側の利便性よりも、贈られた相手が喜ぶことを最優先して選ぶようにしましょう。

カタログギフトの選ぶコツA

例えば、お酒好きな方には、普段自分では買わないようなお酒や、なかなか手に入らない幻のお酒など、いくつかの中から好きなものを選べるようなカタログを贈ると喜んでもらえるはずです。

 

年配の方には特に配慮を

カタログのページ数に注意を

若い方には当たり前のカタログギフトですが、年齢が高くなればなるほど、カタログギフトのシステムに慣れていない方が多くなります。カタログを見て選ぶことが楽しいと感じる方ばかりではなく、たくさんの中から選ぶこと自体を面倒に思う方もいるようですから、年配者には、あまりページ数の多いカタログを贈ることはお勧めできません。

受け取りの確認してみる

と言っても、内容が薄いカタログでは、欲しいものが見つからないために、はがきを送ることすらしないかもしれません。そうなると、贈る側がお金を払っただけで、何も受け取ってもらえないということにもなりかねません。

 

年配の方には、きちんと受け取ってもらえたかどうかの確認を入れるようにするとよいでしょう。

まとめ

このように3つのポイントでカタログギフトを選ぶコツを解説してきましたが、どのポイントにも共通していえる点は『贈る相手に商品選ぶ楽しさを感じてもらうこと』です。

 

まず、この点をよく踏まえたうえで、選んでいくときっと贈った相手に喜ばれることでしょう!